aga治療と薄毛・ハゲの悩み

aga治療で薄毛やハゲが実際に治るの?

病院クリニックでaga治療を受けた結果って?

これからクリニックでaga治療をしたい頭頂部の禿やm字ハゲの方が期待できるaga治療成果の確率は何%?

答えは以外に簡単なんですよ!

aga治療そのものを理解すれば、自分でも簡単明快に薄毛治療のaga治療の効果成果を予測できるのです!

みんな知っているミノキシジルとフィナステリドが薄毛治療薬ですよね・・・

だからミノキシジルとフィナステリドを利用したミノキシジルとフィナステリドのaga治療ってどうなの?

答えは、毛母細胞にあります・・・

つまり年齢が早ければ早いほど 治療時期が早ければ早いほど・・・・ 薄毛治療、aga治療の成果が出る!

つまりはハゲや薄毛が治る可能性が高いと言えるでしょう!

最先端aga治療&植毛クリニック人気おすすめランキング

  1. TOMクリニック

    aga治療 5.0
    植毛 5.0
    育毛・発毛 5.0
    治療:カウンセリング
    無料
    ARTAS植毛治療費:
    1グラフト80円~(税別)

    aga治療で注目の最新医療植毛ロボット新ARTASは

    高密度・高定着率の植毛を実現します。

    オペ時間短縮は、身体への負担を大幅に軽減します。

    さらに植毛部分の毛密度を安定化に期待ができます。

    もちろんARTASで男性&女性治療も可能です。

    aga治療の無料カウンセリングがポイント!

    aga治療は親族に薄毛の方で抜け毛が増えてきており、

    ハリやコシ・ボリュームがなく

    頭皮乾燥、べたつきが気になりだす!

    頭頂部や前頭部とか後頭部・側頭部が薄くなってくる。

    頭皮硬く赤みかゆみが出る。

    喫煙・飲酒・ストレス、食生活の偏りなど・・・

    頭髪の悩み

    初期の段階で無料カウンセリングを受けましょう!

    TOMクリニックaga治療の詳細を見る

  2. アイランドタワークリニック

    aga治療 5.0
    植毛 5.0
    育毛・発毛 5.0

    アイランドタワークリニックの自毛植毛
    信頼の国内シェア64.3%
    (※矢野経済研究所ヘアケアマーケティング総鑑2014年版 発表)

    アイランドタワークリニック3つの強み
    比類なき実績

    自毛植毛一筋15年

    累計症例数20,000人突破

    充実の医療体制

    薄毛専門医総勢10名以上

    知識と技術を結集してサポート

    万全のサポート

    どこでも治療が受けられる

    全国大都市圏に4院を展開中

    後頭部の髪は、

    AGAの原因・酵素の影響を受けにくいため

    生涯生え続けます。

    元気な後頭部髪を薄毛分部へ移植するので

    薄毛解消になる自毛植毛なのです

    AGA移植された髪は、

    例えばもしも生え際や頭頂部の髪全部抜けたとしても、

    移植髪は正常毛髪サイクルを続け一生涯生え変わります。

    残念ながら薄毛AGAの原因は進行性の為、

    一度発症すると治ることがないのです。

    AGAの進行性症状は、

    生え際や頭頂部頭皮の5α還元酵素が産生する

    DHTホルモンが髪成長抑制で進行!

    生活習慣や遺伝などによりAGA発症します。

    アイランドタワークリニックaga治療の詳細を見る

植毛AGA治療どっち?

男性で薄毛で悩んでいる人の中には

植毛にしたら良いの?

また、

AGA治療をしたら良いか

迷っている人も多いのが実情です。

どうしてかというと、

植毛もAGA治療も

男性の薄毛に良い効果があると言われているからです。

では、実際に植毛・AGA治療のどちらが良いのかというと

おすすめはAGA治療が先です。

確かに植毛もアリだとは思いますが・・・。

ですが植毛はaga治療をや試してみて効果がなかった場合の

最後の手段として植毛を試して欲しいと思います。

なぜなら、植毛はAGA治療より負担が大きく

費用が高額になります。

ですから、

植毛をやる前にまずはAGA治療をしてみる事をおすすめします。

では、

AGA治療を先にやってみる価値がある具体的な理由は

AGA治療なら病院に行って処方箋をもらって錠剤を飲むだけで

薄毛治療が簡単にできるから・・・・

確かにaga治療を受ければ年間それなりの費用が掛かります。

それでも植毛と比べたら安い費用で始める事ができます。

薄毛対策をしてみたいと思っている男性は

まずはaga治療をやってみる事を

おすすめします。

大体の男性は薄毛になり始めたばかりで初期段階ならAGA治療を受ければ

問題なく薄毛対策になります。

理由は簡単で薄毛になり始めたばかり

ならまだ髪の毛根も死んでいないからです。

aga治療をすぐに始めれば抜け毛を防いで

髪が十分に成長するまで髪が抜ける事もありません。

ただ、

aga治療で気を付ける必要があるのは

いくらこれを使って髪が生えても途中でやめる事ができない点です。

もし、

途中でやめてしまえばまた髪が抜けるようになってしまって

また薄毛状態に戻ってしまいます。

なので、aga治療は男性の薄毛に効果がありますが

始めたら生涯続ける必要がある点でマイナスの点はあります。

でも、それは植毛も一度やれば良いという事はないので

どちらが良いかと聞かれればAGA治療の方が良いです。

でも、中には当然aga治療をしても効果がない人も

いるのでそういう人は植毛をする必要があります。

そういう場合は負担があるにしても植毛をしないと

髪がなくなってしまうので仕方ないです。

カツラを使うという選択もあるかと思いますが。

カツラは植毛とは違って明らかに偽物の髪と分かるので

おすすめしません。

それだったら植毛にした方が見分けがつかない点でも

植毛の方が良いと言えるでしょう。

植毛・aga治療の特徴とメリット

植毛治療は、自前の薄毛になっている場所に移動して毛を移植する施術で、

人工的毛を移植してしまうものと自前の毛を移植する自毛植毛がありますけれど、

人工毛に於いては拒絶反応の不安があり自毛植毛に関しては後頭部から髪の毛を移植実行する事ということなんです。

移植は当該の移植する毛髪の毛根すぐ近く頭皮をそっくり切り離すので後頭部にはベクトル状の傷が出現するために外見上の視点も不安があります。

皮膚を切除せずに毛根一個一個採取するやり方がありますけれど、

技法が欠かせなくて生育などの手数も不可欠なので高くなります。

特長としては、移植がうまく行けば、カツラや増毛ではなくご自身の髪の毛として利用する事が可能だから煩わしさもありませんし、

やましいところもなく日々を過ごす事が可能なのです。

植毛治療のウィークポイントとして、メスでの切開についても毛根一本ずつの株の採取でも必ず傷跡が取り残されてしまいます。

術後は当分の間、専用の帽子を装着しなければなりません。

手法が問われ時間もかかることから費用面での負担が高く、

満足するレベルの手術になると数百万の出費が必要になる事があります。毛根を移植しても移植先の箇所でうまく定着していないと髪の毛は生えてきません。再び移植手術が必要になることもあります。

メリットとデメリットを理解して植毛をする事が肝要です。

注目されているAGA治療ですが頭皮の切開などの手術を必要としないので皮膚組織への侵襲がありません。

植毛治療は効果があっても身体への負担が大きく第一の選択としてはよく考える事が良いです。

フィナステリド製剤やミノキシジル製剤はAGA治療でガイドラインを発表し指針を提供している日本皮膚科学会でも最高のAランクを得ている治療薬です

。Aランクはaga治療を第一の選択肢にするべきという事です。薄毛は多くの男性が悩んでいる問題で、男性の薄毛の大半をしめるAGAは、若い人でも起こる可能性があり一度薄毛の進行が始まってしまうと進む事があっても自然に治る事がありません。一度薄毛が気になってしまうと日々の思考回路も薄毛中心になりハゲていることに振り回らされてしまいます。AGAは男性型脱毛症の事で額の生え際や頂点部のどちらかが髪が薄くなっていくのが特徴的です。

原因としては男性ホルモンと密接な関係があります。

AGAの進行を止める場合には5α-リダクターゼの分泌を抑えることでDHTに変化するのを止めるという方法が必要になります。

植毛治療でもAGA治療でも自分の身体の状態を知り、適切な治療を行う事が肝要です。

aga治療

aga=Androgenetic Alopecia=男性型脱毛症。

この男性型脱毛症にはタイプが3つあります。

1.比較的若く20~30代で徐々に額と頭の境界線が後退してくるM型薄毛。

2.頭頂部いわゆる頭のてっぺん部分が、丸くお皿のように薄くなっていくO型薄毛。

3.上記の2種類が同時進行していく複合型薄毛。

意外にも、それぞれ原因が違う事もあるようです。

AGAは、進行型と言われており、早めの対処が非常に重要になってきます。

遅れると、毛髪復活の希望が少なくなるのです。

また、復活の内容が元の状態とは程遠い状態になってしまう可能性があるのです。

AGAには、色んな原因があります。

しかし、どんな原因にしろ、毛母細胞が毛乳頭から栄養分や酵素を受取り、細胞分裂を繰り返しながら 髪の毛を作ってくれれば問題が無いのです。

そのサイクルは成長期、退行期、休止期で構成されています。

40~50回の細胞分裂で寿命が来ます。

因みに、毛母細胞とは、読んで字のごとく、毛の母となる細胞です。

毛乳頭から栄養を送ってもらい、髪を作り、黒くします。

毛乳頭から髪の毛が始まる境目に毛母細胞があります。

毛乳頭は皮膚の一部で突起状のものです。

この毛乳頭には、毛細血管が密集しており、この毛細血管から髪の毛を作り出すための栄養分が運ばれてきます。

また、毛母細胞の中には、メラニン色素という細胞が存在します。

毛母細胞で髪の毛が作られるときに、一緒にメラニン色素が混じり黒い毛が出来るというわけです。

このヘアサイクルは正常の場合、2~6年(成長期)と言われています。

しかし、AGAを発症してしまうと成長期間が著しく短縮してしまいます。

仮に、半年に短縮され、細胞分裂が50回とした場合で計算すると、25年で寿命がくることになります。

毛母細胞の活動が停止してしまうと育毛剤も効果はゼロに等しいのです。

自力復活は不可能ということになります。

残念ながら・・・そうなると、毛髪再生医療やカツラ、植毛に頼らざるを得ません。

そう考えると、AGAが発症する前から、AGA対策をしておくのが、ベストと言えます。

aga治療として、まず一般的に、育毛剤はどうでしょう。

身体の外からの頭髪、頭皮をケアするものです。

AGAの原因は様々ですが、男性ホルモンの分泌量が過剰になるなど 身体の内側からの問題が多いのです。

その為、育毛剤などの様な方法では、効果が有っても時間がかかると思われます。

ですので、育毛剤は、AGAになる前から、頭皮のケアとして使用することが有効とも言えます。

また、一般クリニックでの薄毛治療については、一般的にですが、プロペシア単剤処方で、抜け毛を止めようとする治療になると思われます。

AGAの進行を止めようとするものです。

人それぞれですが、効果が有ると言われています。

確かに進行を止めて抜け毛を止めるという第一段階は、クリアしてるかもしれません。

しかし、残念ながら、皆さんの期待は、そこでは無いと思います。

要するに発毛です。

しかし、発毛効果は少ないと考えられています。

発毛専門クリニックのaga治療は、プロペシア処方だけではありません。

もちろん、抜け毛を止めることは当然必要です。

しかし、発毛することを目的とした総合治療を行います。

そして、抜け毛を止めるだけではなく、今ある髪を、より元気に太くするということも重要になってきます。

発毛専門クリニックごとに、独自の研究開発を行っており、

それぞれの発毛方法を治療に取り入れています。

単に治療するだけではなく、日々の食生活を含めた生活改善なども同時に行っていくものも多くあります。

身体の内部から体質改善するということです。

このように、aga治療にも様々なものがあり、一人一人に合った治療に出会うことが重要になってくると言えます。

また、早期の対策、治療が今後の大きな要と言えるのです。

aga対策・外用療法

aga対策の治療方法について

薄毛や抜け毛のキーワードAGAの意味は男性型脱毛症。

世にいう若ハゲのことで悩まされている方は多いです

今は、昔に比べて抜け毛の防止や発毛促進など薄毛対策技術の進歩により、改善効果に期待が確実にもてます。

外用療法

agaの治療には発毛とか育毛を促せる治療薬を使用する方法があります

プロペシアという名前の内服薬やミノキシジルという名前の外用薬があります。

この薬は、agaに特化した医療機関やAGA外来などがある病院で処方してもらう方法と、

個人輸入の通販で購入する方法があります。

しかし薬には副作用があるので、安心して治療なら、病院で処方してもらう方法をおすすめします。

植毛療法

植毛とは、薄毛になっている部分に新たに毛を移植する治療法です。

使用する毛は、人工的に作られた毛を移植する人工毛植毛と、

自分の毛を移植する自毛植毛と呼ばれる方法があります。

人工毛植毛の特徴と注意点

人工毛の特徴は、ポリエステルとかナイロンなどでうまく作られた合成繊維仕様で見た目もきれいな髪の毛です。

髪の毛がまったくない頭皮へ直接植毛できる事や、髪の量に関係なく行えます。

イメージ通りの髪形を作ることも可能です。

何より、施術掛かる時間が短く、通院や処置の必要も無い為、即効性を求める方に向いています。

一方で、人工的に作られた毛になる為、人によっては頭皮に炎症が起きたりするなど、感染症や炎症などのリスクがあります。

また、植毛した毛は抜ける事もあり、定期的なメンテナンスが必要となります。

自毛植毛の特徴と注意点

自毛植毛は、すでに生えている自分の髪の毛を移植するものです。

移植後の拒絶反応が起こりにくく感染症や炎症のリスクは人工毛に比べて低いといえます。

移植した髪が定着すれば、生え続けてくれますのでその後のメンテナンスが不要です。

利用・使用される毛は自毛となるため、移植できる髪の毛の本数に限界があります。

生え揃うまでに時間を要する事も即効性を望む方には不向きといえます。

agaに対する治療は症状にもよりどの方法が適しているかは異なります。

その為、まずは専門機関に相談する事が早期回復への近道です。

植毛デメリット

植毛失敗など植毛とは!

植毛芸能人やaga費用aga効果など

植毛値段やフィナステリドaga効果と植毛費用・植毛女性!

抜け毛が多いのがAGA!

薄毛の原因もAGAが怪しいと思ったら

今すぐAGA診断が必要です!

抜け毛の悩みとストレスは、抜け毛が増えるだけで薄毛状態の改善期待は無理!

AGA対策は一日も早いほうが有利です!

毛母細胞の活性化!

究極の植毛まで方法は多岐にわたっていますが・・・。

一番大切な自分の薄毛や抜け毛の原因がわからない状況なら

禿は進行する一方通行です!

まずはAGA診断が先決なのです!

それともハゲが治ったらノーベル賞!と自分に言い聞かせて諦めますか?

AGAを知る

AGAは進行性の額の生え際や頭頂部の薄毛…つまり男性型脱毛症で早期の薄毛治療が毛母細胞に禿防止効果を与える男性型脱毛症と言われています。が近年は女性 薄毛や薄毛治療も多く女性型脱毛症をFAGAと言います。
男性型脱毛症AGAはホルモンの関係が強いので、女性型脱毛症の特徴の違いからFAGAと区別されています。
男性ホルモン→テストステロンが毛根の毛乳頭でジヒドロテストステロン(DHT)に変異(変化)!すると毛母細胞の細胞分裂異常等によりヘアサイクル(毛周期)が短縮され毛が早く抜けるAGA→ハゲになるのです。ここにAGA早期治療の必要性があるのです。
通常のヘアサイクルと異なりAGAのヘアサイクルだと、毛の成長期が短いのでシッカリ太く髪の毛が成長するまでに脱毛してしまう。
早期成長期から中期成長期に移行しないで頭毛が脱毛してしまうのです
通常頭毛のヘアサイクルでは、成長期が長く早期成長期から中期成長期~後期成長期~退行期~休止期を経て次の毛が発毛します
AGAのヘアサイクルだと、休止期をへて早期成長期に移行すると~次は脱毛してしまい生育する時期がない状態になります

AGA対策

AGAは進行します、ハゲ対策は?
AGA対策はプロペシア(フィナステリド)ミノキシジルの併用
生活習慣を改善する、頭皮の血行促進・頭皮環境改善
栄養バランスは基本、抜け毛・禿げ・薄毛・脱毛に関係してきます
5αリダクターゼの制御

ツルハゲの危機

ハゲや禿・禿げは髪の毛が薄い、まったくない頭・頭部のことですね。
ツルハゲ・つる禿げ、つるっぱげ・つるっ禿げは、もともとハゲ頭皮は艶が出やすい頭がツルツルに剥げている状態をいうようです。
禿げの原因は、加齢・ストレスなどの精神的理由による円形脱毛症・アレルギーなどの病気による円形脱毛症・薬の副作用・薬・故意に抜く場合(カトリック教会の修道士の髪型トンスラや聖職者の剃髪・坊主頭)など様々ですが、・・・
いずれにせよ何らかのハゲ対策で少しは進行を止めたり遅らせることが重要なのです。

髪が…ハゲが進行してきた

AGAの厄介さが少しわかり始めるが・・
それ以上に成長サイクルの短さが先に進行してしまった・・・
今から毛母細胞の寿命を延ばせるのか?

プロペシア(フィナステリド)

プロペシア(フィナステリド)とは、男性型脱毛症AGAの治療薬!
若ハゲや薄毛のAGA進行を抑える治療薬
前立腺肥大・前立腺がん治療薬で広く利用されていましたが、
AGAで毛髪成長効果が判明し毎日服用できる処方箋治療薬として利用されています
AGA治療薬として海外60ヵ国以上で承認されています。
だだし、効果は若ハゲAGAに認められますが、
円形脱毛症などストレス性の脱毛にはありません。

ミノキシジル

ミノキシジルは最初に血管拡張剤として開発されました。その後、発毛効果認められ発毛剤として利用されるに至っています。
もとは 血管拡張剤であり高血圧の血圧降下剤ですから、正しい利用への注意が必要でしょ。 リアップの主成分です。

プロペシアミノキシジルのポイント

プロペシアハゲ進行を遅らせる・予防
AGA改善の効果
5αリダクターゼ制御
頭皮血行・発毛促進

ミノキシジル毛根再生・育毛促進
発毛効果
毛根再生


頭皮情報

厚生労働省のプロペシア情報
wikipedia参照

orange・pink・yellow・lime・gray

xxx

ページの先頭へ