ARTASロボット=植毛ロボット

2011年4月FDA(米国厚生省に属する米国食品医薬品局)が正式に認可し、普及し始めたARTAS(アルタス)。
日本の自動車会社と米国のベンチャー会社Restoration Roboticsが共同開発。結果アメリカで商品化されました。

植毛革命と言われています。
まだ髪の毛が生えている、特に後頭部、側頭部で選ばれたエリアに地図を作り、ムラにならないように間隔を算出してくれます。
優れたドナーエリアを自然の毛束である毛包単位で、抜き取ります。

また、傷のない完璧な品質の毛包を採取します。

この際、4つのCCDカメラを駆使しています。
因みに、毛包とは、皮膚内にあり、毛根を包んでいます。

また、毛包の下部に毛乳頭があります。
毛包は、胎児期に一度形成されたキリで、新しく形成されたりすることは無いと言われています。

そういうことは、胎児期にすでに毛髪の数が決定するということになります。
さて、従来の植毛は医師の手にかかっていました。

しかし、優秀な医師でも人間の手ではスピードにも限界があります。

人間の何倍ものスピードで、より正確に、

人為的ミスのリスクも解消されるという点から

大きくアルタスの重要性が認識されました。
最先端の技術により採毛部の傷跡が最小限に抑えられるのです。

今までの最大リスクが採毛部の傷跡でした。

切らずに無傷に近い状態で採毛することが可能になったのです。
傷跡はほとんどと言って残らず、僅か2日ほどで回復します。

身体への負担もリスク同様最小限となったわけです。

そのことで外来治療が提供可能となりました。
ちなみに、今まで医師の手による採毛が、一時間で60~200本とばらつきもありました。しかし、このアルタスなら一時間に500本とも言われています。
スピードも格段に上がりました。安全センサーがあり、患者が不意に動いても緊急停止するため安全なのです。
このようなアルタスによる手術の結果、3~4か月後には、植毛した髪の毛が根付いた実感が出来るようになりました。

6か月後には、ついに喜びも実感できるそうです。
そうなれば、永久的とまでは言えませんが、毛母細胞の寿命の限りは、ヘアサイクルを繰り返し、抜けては生え、抜けては生えを繰り返すこととなります。
なんたって、本来の自然の状態になったということです。
医療従事者からは、

1.経験があまりなくとも、技術習得までの時間があまりかからない。
2.採取する量が明確に算出できる。
3.患者も治療・手術時間が短縮されストレスから少しでも解消される。
4.医師の時間負担、医療負担が減る。
5.4により多くの患者の対応が可能になる。
多くのメリットがあることは明確とも言えます。

お互いにとって、より安全に治療などができ、長い目で見てもAGA治療にとっての希望の光と言っても過言ではありません。
しかし、その反面デメリットとも取れることも、あるようです。
後頭部は、アルタスが有効ですが、

側頭部は上手く摂取できない、

意外と採毛の針が太い、

取り扱っている医療機関が限られている。

小さい医療機関では取り扱いが無く、
遠方まで行かないとアルタスが無いなど、様々なお声もあります。

今のところ、このようなご意見は少数のように感じます。

つまり多くの方は、大きなメリットを感じているということになるようです。

画期的な機械が安心に、快適に、心の悩みから喜びを取り戻してくれるなんて素晴らしいことです。
改めて、より一層の進歩と、普及を願わずにはいられません。