植毛は結局増毛育毛カツラを検討した最後に行きつくAGAのゴールなのです

もうこれ以上の薄毛・抜け毛対策はありません

でも最後に重い切って、時間かけて増毛するだけの値打ちはあるのです。

植毛について

植毛には、人工毛植毛と自毛植毛があります。
人工毛植毛とは、最近では、極端に行っている医療機関は少なくなりましたが、人工の毛を移植するというものです。
しかし、人間の身体は、異物と認識したものは
体外へ出す作用があります。
人工毛は、身体からすれば、明らかに異物です。
その為、植毛してもすぐに抜けてしまいます。
もちろん人工毛は費用的な面や一度に多く植毛できるなどメリットもありますが、
定着しないなどのデメリットが多くあるので、人工毛はほとんどの医療機関が扱わなくなったようです。
その他にも、自毛植毛の医療進歩が画期的に伸びたことも要因の一つと言えます。
その自毛植毛ですが、あくまでも自分の頭髪です。
まだ十分生えている部分の自毛を、薄くなった部分に移植するというものです。
元々の移植方法としては、たくさん生えているところの自毛箇所から、頭皮ごと毛根などを採取します。
この採取したものをドナーと言います。
このドナーから一株ずつに分けて、頭皮に穴をあけて田植えの感覚で移植する方法でした。
自毛移植医による外科手術です。
移植した毛髪の生着率も高いのです。
そして、何と言っても、男性ホルモンの影響を受けない、側頭部、後頭部の性質を引き継ぎ生着するために、
毛が生えたりとヘアサイクルをきちんと行うのです。
一度生着すると、永久にとは言いませんが、毛母細胞の寿命の限り生えたり抜けたりと正常のサイクルを繰り返します。
以前の植毛技術も、ここまでは素晴らしいのですが、
髪の密度を高くすると、
髪の生着率が下がったり、
一度の植毛本数に限りがある為、
何度も手術が必要になるなどの制限が多くありました。

元々、日本人は、頭髪の密度が低いため、
移植の髪もあまり密度を高く移植すると、根付かないことがあるようなのです。
非常に薄くなっている部分に密度を高く植毛したいと言う要望があっても、
答えられない現状があったのは事実です。
また、その他にデメリットして、頭皮ごと採取することで、かなりの傷が大きく残ってしまう。また、かなりの痛みも伴うなど大きな身体的負担が有ったのです。
植毛する際の傷もあり、植毛の良さ以上に不安要因も大きかったのです。
しかし、最近は画期的な自毛植毛が提供されだしたのです。
今までのメリットは、それ以上に素晴らしく、デメリットは最小限に抑えられているのです。
なんと言っても植毛ロボットの誕生も大きく貢献しているようです。
残念ながら、まだ導入している施設が、高額な設備の為少ないのがデメリットと言えるでしょう。
「ARTAS」という植毛ロボットです。
正確にスピーディーに、毛髪の採取なども算出して、毛根など傷つけることなく採取します。
また、密度も高く植毛するという画期的なロボットなのです。
しかし、日本の医師も負けては、いません。
医師の手によって、今までのデメリットを消し去った施術を提供しているところもあります。
「i-direct」というそうです。
今までの世界基準の毛根採取量が2倍のスピードで正確に出来るというから驚きです。
さすが日本の医療技術の高さと感心してしまいます。
そのような、素晴らしい革命的な自毛植毛が提供できるようになったことで、
デメリットであった身体的負担が最小限になったのです。
今までは、頭皮ごとはぎとる感じの採取方法が、
毛穴から毛根ごと抜き取るように採取できるようになったのです。
当然、特殊な技術です。
その為傷口も小さく自然治癒するまでの時間がほとんどかからないのです。
その為、術後の経過も良く、傷口もほとんど残りません。
当然痛みだって格段に違います。
その割には、今までよりも多くの自毛を一度に植毛出来るんです。
入院せずに通院での治療が可能になり、思っているよりも費用は抑えめかもしれません。
しかし、生着率も95%というものもあり、その場合なら、メンテナンスも不要で、通常の髪の毛とまったく
変わりなく日常生活を送れると考えると、いくら一度に高い費用と言えども、総額ではそれ以上の価値があるのではないでしょうか。
なかには、ずっと薬を飲み続けてもさほど効果がでない方もおられます。
そう考えてみると、この自毛植毛には、想像以上に大きなメリットを感じるように思います。
まだまだ、今までの施術方法のところも多くあるでしょうが、
自分のライフスタイルに合った、方法を考えてネットなどの情報を比較し、チャレンジしてみるのも良いでしょう。
また、あまりに良い情報ばかりであれば、すぐに信用してはいけません。
必ずメリットと同様にデメリットも説明してくれる施設が最良の施設とも言えます。
まずは無料カウンセリングなどで自ら確認してください。
きっと、希望の光が見えてくるはずです。

植毛で悩んで悩んでいる人の解決方法

薄毛に悩んでいる人はとてもたくさんいます。
とくに、男性の場合若い頃から髪の毛のボリュームが少ない、地肌が見えるほどに薄毛が進行しているという人も少なくないはずです。
こうした薄毛に悩んでいる人は、少しでも早く対策を行うことが一番です。遅ければ遅いほど回復は遅れてしまい、また治療方法なども限られてくることがあります。
まず、AGA治療として行う方法と、植毛治療を行うことは全く別の方法になります。治療方法だけではなく、その効果の現れ方も全く異なりますが、この二つの治療を同時に行うことは可能です。
さらにこの二つの治療を同時に行うことで、薄毛対策の効果はより早く現れることになるでしょう。
まず、AGA治療に関しては薬の服用や注射を中心とした治療方法になります。とくに、薬に治療に関しては自宅で自分で行うことができるため、しっかりとルールを守って行うことができ、さらに自分に合ったAGA治療薬であればその効果は比較的早く現れる場合があります。
また、AGA治療で最も重要なことは、医師の言葉をしっかり信じて長期的な視点で治療を進めることです。効果がないからと言って諦めてしまうのではなく、長期的な治療だと考え諦めることなく進めていきましょう。
そして、植毛については例えば後頭部の毛髪を患部に移植して育毛させると言った方法です。こうした方法は当然、自分で行うことができない治療方法なので、専門のクリニックにより治療を行ってもらう必要があります。薄毛部分の頭皮に、より健康な毛を移植することで、薄毛部分の改善に繋げることができます。
植毛は適切な治療を行うことができれば、その効果はすぐに体感することができます。
植毛治療とAGA治療を同時に行うことは可能です。長期的な回復を考えれば、この二つの治療を同時に行うことをお勧めします。

植毛

結局どうしょうもなく手遅れになって慌てても無駄で高くつくだけ・・・
一度植毛すれば後が楽です
地毛の植毛は、自身の毛髪を移植します
薄毛ハゲの原因とされるDHAの影響の受けにくい後頭部や側頭部の自毛を薄毛個所へ移植します
元気な自毛をそのまま受け継がれる
後の手間やメンテ費用が不要なのです
自毛植毛には、i-ダイレクト法やFUE法・自毛植毛ロボット・ストリップ法があります
最先端の植毛技術で自毛を薄毛個所へ直接植毛するのです

植毛・AGA男性型脱毛症に革命的な自毛植毛

自毛植毛・AGA男性型脱毛症の治療では後頭部に生えている髪の毛を薄毛が気になる部位に移植しています。

今までのAGA治療ではフィナステリドやミノキシジルと言った薬を投与するのが一般的でした。

フィナステリドはAGAの原因になっている5α還元酵素を阻害し脱毛を予防する効果が、ミノキシジルは血管拡張作用から発毛促進する効果があります。

多くのAGA患者さんで効果が認められていますが、全員に効果が出るわけでもありません。

中には効果が出ない男性患者さんも見られますが、自毛植毛では移植できる髪の毛さえ残っていれば治療が出来ると言うメリットがあります。

自毛植毛は後頭部にメスを入れるため直線状の傷跡が残る事があります。

髪の毛が伸びてくれば目立たなくなりますが、短くすると目立つために人によっては抵抗を感じやすいです。

しかし切らない自毛植毛と言う術式もあり、パンチでくり抜いて髪の毛を採取している関係上、殆ど傷跡が残らないと言う特徴があります。

その代わりに毛根に傷が付きやすいため、担当医師の技術力が求められます。

5α還元酵素の影響を受けにくい髪の毛を毛根ごと採取し、移植しているためにAGAによって脱毛する事が殆ど無いです。

そのため本来持っている毛周期により生え変わりが進みます。

人工毛を使用する増毛のように定期的なメンテナンスを受ける必要が無いです。

定着すれば今まで通り理容室や美容室でカットして貰えます。

最近ではロボット技術の進歩で植毛ロボットを導入するクリニックも登場しています。

優れた技術を持つ医師でもその日の体調によりばらつきが出る事がありますが、植毛ロボットなら安定していると言うメリットがあります。

薄毛に悩まされている男性にとって革命的な治療となっていますが、その代わりに費用が高額と言うデメリットがあります。

クリニックによって費用が異なりますが、1000グラフトで90万円くらいの費用が掛かります。