AGAの様々な対策法植毛について

男性の悩みというものは年を取ってから出てくるものもあり、
特に身体的に目立ってくる箇所というものには髪の毛があります。

この髪の毛は加齢とともに段々と薄くなっていったり、
生え際が後退してきたりと非常に目立つものとなっていますが、
最近よく聞くAGAというものは加齢だけが原因というわけではないそうです。

特にAGAと呼ばれる男性型脱毛症というものは早ければ20代後半から出てくる人も多く、3
0代だとかなりの割合の薄毛がAGAとも言われています。

これは原因に男性ホルモンが影響されており、
一般的には毛を増やすような効果が実は頭皮では違う反対方向に働いてしまうからとされています。

この男性ホルモンの過剰によって生成されるジヒドロテストステロンを抑制する成分がAGA治療のメインとなっているのですが、

そのほかにも様々なAGA対策法があります。

一般的なAGA対策としてはまず家庭で出来る育毛剤があります。

AGA育毛剤としてはミノキシジルやプロペシアなどが有名であり、

その他にも様々な成分が開発されています。

また育毛クリニックではこれらのミノキシジルやプロペシアなどが内服薬として処方されており良い結果を出しています。

ですがこれらの効果が出ないこともあるので、
最近は根本的な治療方法として植毛をする人も少なくありません。

植毛に関しては昔は人工植毛だったのですが最近だと自毛植毛の技術が高くなったので、
こちらが完成度が高いものとして選ばれているそうです。
拒否反応なども自毛植毛は少ないですし定着率も高いのでAGA治療だけにとどまらず、
様々な薄毛や脱毛の治療法として有効とされています。

方法としてはマイクログラフト法やフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーションなどがあり、
自分で好きな方法を選ぶのがいいでしょう。

自毛植毛 もメリットとしては一度定着をしてしまえば当然ですが、
また頭皮から栄養を吸収して成長や生え変わりが可能となるメリットがあります。

自分の毛なのでナチュラルな仕上がりになり
、カツラなどと違ってばれる心配もないのも嬉しいですね。

様々なメリットがある自毛植毛ですが、
しかしデメリットなども存在するのはしっかりと比較しておきましょう。

おおよそ最終手段ともされているので、
まずはAGAに対してはミノキシジルやプロペシアなどや育毛剤を使用するのが望ましいとされています。

当然費用の面では自毛植毛は高額となっているので、
その辺はまずクリニックの先生としっかりと相談するのがいいでしょう。