AGAの最新治療方法

AGAとは日本語では「男性型脱毛症」と言われ、成人男性に見られる薄毛の症状のことです。
成人男性の額の生え際、或いは頭頂部のどちらか一方から、または双方から段々と薄毛になっていくという特徴があります。
AGAの原因は男性ホルモンのバランスや、遺伝と言われていますが、ゆっくりと確実に進行していきます。
しかし薄毛が目立つ部分にも産毛が残っているケースも多く、治療をすれば改善できる可能性が高いのです。
AGAの治療方法は大きく分けて以下の3つになります。

・薬を使用する方法

AGAの治療として最初に行われるのが、発毛効果のある薬を服用したり、頭皮に塗布するという方法です。
最近注目されているのが内服薬では「プロペシア」、外用薬では「ミノキシジル」です。
プロペシアの主成分「フィナステリド」は、育毛を退行させたり休止させたるする原因となる物質「DHT」の生成を抑え、AGAを改善させる効果があります。
「ミノキシジル」は頭皮に浸透して血行を良くする効果があります。
毛母細胞に血液と共に十分な栄養分が行きわたることで、発毛効果が期待できるのです。

・栄養分を注入する方法

AGA治療で薬で効果が感じられない場合には、施術による方法があります。
これは髪を成長させる栄養分を、頭皮に直接注入して発毛を促進させる方法です。
ダウンタイムが少なく翌日から洗髪もできますが、人により効果が出るまでに半年から10か月ほどかかる場合があります。

・自毛植毛をする方法

自毛植毛は、自分の髪の毛から毛根を採取して移植するという方法です。
人工毛よりも副作用が少なく、トラブルが少ないのがメリットです。

AGAの治療に関しては、自分のAGAの状態や体質により方法が異なります。
まずは信頼のできるクリニックで

診断をして貰い、自分に合った治療方法をアドバイスして貰いましょう。

AGE治療方法と対策

AGE治療方法として最も確実なのが専門医のいるクリニックで治療を行なうことだと言えます。ですがそれと平行して食生活や生活習慣の改善をするAGE対策を行なうことでより効果がアップするということが出来ます。

クリニックでのAGE治療方法としては外用薬のミノキシジル、内服薬のプロペシアが公式治療薬となっています。ちなみにプロペシアは脱毛を抑制する作用があり薄毛を改善する事が出来る治療薬でミノキシジルは頭皮に直接塗ることで血行促進作用により栄養をしっかりと毛根に行き渡るようになり発毛作用があると言われています。多くの場合は両方を使用しAGAの治療を行なっていきます。

またAGA治療は保険の対象外となるので月に1回通い7500円から1000円程が相場と言えます。ただし短期的な治療で改善するモノではなく少なくとも半年以上、年単位で通う必要があります。さらに薄毛が改善しても治療を止めるとまた薄毛になってしまう場合が多いので長期的に通うことを考慮するとかなり費用がかかることを覚悟しなくてはいけません。

またAGAの原因のひとつに生活習慣、食生活などを挙げることが出来ます。なので薄毛対策として栄養バランスのいい食事をする、野菜を食べることを心がける、食事の改善が難しい場合は育毛サプリなどを利用するといいでしょう。その他にも髪の毛は寝ている間に育つので22時から夜中の2時は出来るだけ睡眠をするようにして下さい。その他にも間違った洗髪方法、ドライヤーの使用方法などは抜け毛の原因となる場合があるので正しい知識を学び実践する事が大切です。

さらにAGAの原因にはストレスの影響もあると言われています。だからストレスは溜めずに発散する必要があり、自分なりのストレス発散方法を身につけることが重要と言えます。あと自宅で出来るAGA対策には頭皮マッサージがあり、1日5分程でいいので指の腹の部分を使い頭全体を包み込む様にマッサージをすることで頭皮の血行がよくなり頭皮環境が良くなります。マッサージのポイントは洗髪後乾かしてから行なうことと毎日続けることです。

AGAクリニックに行くのはちょっと注意してしまうという人は育毛剤、育毛シャンプーなどの商品をお勧めします。薄毛や抜け毛が気になったら出来るだけ早めに対策をするのがポイントでネット等で口コミやランキング、育毛に有効な成分をしっかり確認した上で選ぶようにしましょう。■

髪の毛の不安を解消 AGAの治療

髪のトラブルの中でAGA(エージーエー)というキーワードは最近多く見受けられます。言葉を聞いた事がある方も見えると思いますが、これはAndrogenetic Alopeciaの略で、遺伝や男性ホルモンの影響、生活習慣や仕事によるストレスなどが原因とも言われています。そして薄毛の原因のほとんどが、AGAによる症状ともいわれ、治療に対する関心度は高まっています。
治療は専門機関がおすすめ
抜け毛や薄毛などは、血行不良や頭皮環境だけが原因ともいわれており、育毛サロンなどで実施している頭皮ケアで育毛効果が実感できることがあります。しかしAGAの症状の場合は、血行不良や頭皮環境だけが原因ともいえませんので、実際のところ改善効果は期待しにくいといえます。ですので、まずは抜け毛や薄毛が気になる場合には、AGA専門の医療機関やAGA外来のある病院での診察をおすすめします。
治療は症状によって様々
AGAには、M型薄毛、O型薄毛、その両方の複合薄毛があります。M型の場合は、男性ホルモンの影響や遺伝、体質などが原因といわれ、O型の場合は、血行不良やストレスが原因とされています。したがって、各症状によって薄毛の原因が異なる為にその症状に合った適切な治療を行う必要があります。尚、AGAの基本的な治療法は、フィナステリドやミノキシジルなどといった、日本皮膚科学会でも最高基準とされるAランクを獲得している薬での治療法です。これらの薬品は、世界中で行われているAGA治療に使用されるなど、大きな効果を発揮しています。なお、市販されている育毛剤は、医師の処方が必要ないため、いわゆる使用に制限が掛かる為に、推奨ランクは低く効果を発揮してくれるのかは疑問です。
植毛という選択肢もある
AGA治療薬以外にも、植毛という選択肢もあります。植毛では、後頭部などの自分の毛を薄毛部分に植毛する自毛植毛と、ポリエステルなどで作られた人工毛を植毛する方法があります。自毛植毛では、時間は掛かりますが、一度定着してしまえば、周囲の健康な毛と同じ様に扱えるなどメンテナンスが不要です。一方、人工植毛では、素早く確実に増毛できる事や思い通りのスタイルを作る事ができるなどの特徴がありますが、定期的なメンテナンスや、場合によって頭皮に合わなく炎症がおきてしまったりするなどのリスクがあります。
この様にAGAに対する対策は様々です。AGAと感じた場合には1人で悩まず、まずは専門の医療機関に相談する事がおすすめといえます。