AGA治療とはどんなもの?

AGA 治療という言葉を、
薄毛や抜け毛について悩んだことがある人だったら、
一度は聞いたことがあるでしょう。
インターネットで検索するとかなりの数がヒットするワードですが、
実際にどんな治療でどれほどの効果が出るのか気になる人も多いと思います。
そんなAGA治療について分かりやすく解説をしてみたいと思います。

まず、AGAとはandrogenetic alopeciaの略で、男性型脱毛症の意味です。

これは、老年性脱毛症になるにはまだ早い20代から30代に、
額が後退していくものや、
頭頂部が薄くなるもの、
またはその二つが同時に起こるものを指します。

俗に言う「若ハゲ」を指します。

現代は科学技術が発達し、
このAGAを病院や育毛サロンで治療ができる時代となりました。

実際にAGA治療ってどのような治療?

男性型脱毛症の原因としては、
男性ホルモンによるものや、
頭皮の血行不良によるものが主な原因と言われていますが、
日々のストレスや、
バランスの悪い食生活、
睡眠障害なども原因として挙げられています。

AGA治療はそのような原因を考えながら治療法を考えていきます。
治療の内容としては植毛などの外科的治療、
薬剤を塗るなどの外用療法、
そして薬剤を服用する内服治療に分かれます。

AGA治療を広めたきっかけは、
薬剤治療の進歩からと言われています。
その中でも、
フィナステリドミノキシジルが代表的な薬剤です。

プロペシア

フィナステリドを主成分とした万有製薬のプロペシアが額が後退していくM型薄毛に効果が発揮されるとされ、

リアップ

ミノキシジルを主成分とした大正製薬のリアップが頭頂部が薄くなるO型薄毛に効果があるとされています。

それぞれ、症状には効果があるとされていますが、
同時に副作用もある場合があります。

プロペシア副作用

プロペシアは飲む服用型で、
制欲減退や勃起不全、
精子の数の減少などといった
男性機能の低下が主な副作用とされています。

リアップ副作用

一方、リアップは、
頭皮に塗る外用療法で薬を塗った患部のかぶれや痒みに加えて、
胸の痛みや動悸といった副作用も確認されています。

その為、このような副作用の可能性もある為、
必ず医師による診断と処方箋が必要となります。

これらのように、科学技術の進歩から薬剤治療による治療が進んできましたが
、前述したとおり、ストレスや食生活などの原因で薄毛になる場合もある為、
食事療法やカウンセリング、
さらにはマッサージや鍼灸といったものも合わせて行うことによりさらなる効果が発揮されると言われています。