AGA治療の効果とは?
薄毛や禿げはかなりの確率で治せる!
薄毛や禿げの治療法!

AGA

AGAとは男性型脱毛症のことで、
世の多くの男性が髪について悩んでいます。
誰でも髪の生え変わりというのはあるものですが、
AGAになると毛根が充分に成長せず髪が長く太くならない内に抜けてしまうので、
その結果薄毛になるという症状が起こります。

一昔前であれば、
薄毛や禿げの対処法はカツラを被るとか、
編み込み増毛などが良く行われていましたが、

最近ではAGAになってしまった方でも産毛の毛根が生きていれば、
正しく処置することで髪を蘇らせることが可能です。

改善された方も多くいるので、最近は「禿げは治せる」という認識が広まっています。それでは具体的に、どのような方法で治療していくのでしょうか?代表的なものをいくつか詳しくお伝えしていきます。
まずはフィナステリドという成分を含む、
プロペシアという内服薬を服用する方法です。
AGAの男性の頭皮には、
通常の状態より多いDHTという物質が確認されます。

プロペシア

この発生を抑制する働きがあるのがプロペシアです。
これにより充分に成長するまでに抜けてしまっていた細い毛髪が、
太く長く成長するまで抜けにくくなります。
その効果、徐々に薄毛が改善していきます。

ミノキシジル

別の方法では、ミノキシジルという外用薬を頭皮に塗布することによって、
発毛を促す方法もあります。

こちらは当初、経口高血圧治療剤として開発されたものですが、
治療中に多毛症が見られたために医療用の外用発毛剤として、
改めて開発が行われたものになります。

以前は発毛用の内服薬としても用いられていましたが、
心臓や肝臓に疾患のあったり、
高血圧の方に副作用が出たため、
現在は塗布する外用薬として主に使用されています。

また上記の2つの方法は各々、
治療法として確立されていますが、
患者の希望などにより両方を同時に行う方法も取られる場合があります。

メソセラピー療法

それから髪の成長因子を頭皮に浸透させることで、
発毛・育毛を促進させるメソセラピー療法という方法も開発されました。
注入にはレーザーや極細針などといったものを用いますが、
注入する成分は各クリニックでそれぞれ異なっています。

内服薬では副作用の心配があったり、
外用薬ですと頭皮に浸透し毛根へ届くまでに時間が掛かるため、

中々発毛の効果を感じられないといった場合のデメリットを解消した方法がこのメソセラピー療法となります。
このようにAGAに対する治療法は、
ここ最近で確立されてきているため、
多くの男性の悩みを解消しています。
また現在、さらに新たな治療法の開発も日々進められている状況です。